クレジットカードの使い方、作り方

subpage1

商品購入時の決済方法に、現金を使わずにカードで済ませる方法があります。
クレジットカードと呼ばれる特別なカードを使う決済方法で、店頭でカードを提示することで支払いをスムーズに終わらせることができます。


商品代金はカード会社が一時的に立て替えており、翌月以降に利用者の銀行口座から商品代金が引き落とされます。
カード払いはカード提携先の店舗で使うことができます。



現金を持っていなくても、カードさえあればその場の支払いができるので便利です。
クレジットカードはカード会社によって様々なサービスを提供しています。


カードは利用者に合った物を使うのが良く、使いたいと思ったらカード会社を比較して検討すると良いです。



例えば、クレジットカードは公共料金の支払いや商品代金の支払いに使うとポイントが貯まります。貯まったポイントは商品券やショッピングサイトのポイントと交換することができます。



このポイントの貯まり方はカードによって異なるので、ポイント還元率の高いカードや特定のサービスを利用するとポイントが多く貯まるカードを選ぶと良いです。

クレジットカードを作りたいと思ったら、カード会社のホームページから審査申し込みすることができます。
申し込みでは利用者の個人情報が必要になります。
電話番号や住所は勿論、収入状況なども審査の対象になります。

また、本人確認できる運転免許証や保険証などの画像を添付することもあります。審査に通って正式に利用することを決定すれば、後日クレジットカードが自宅に届きます。